This Category : *おうちができるまで

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竿スペース、夏はプールスペース

2011.08.23 *Tue
旗竿地の竿スペース。
うちは車二台分あります。

が、うちには車は一台。
普段は余ったスペースは来客用として空いたまま。

そこが夏には…



プールスペースにぴったり!

こちら側は北西なので
入居前は日当たりが悪いだろうから
プールには寒いかな…と思っていましたが
逆に日焼けをあまり気にしなくてすむのでちょうどイイ。
日かげでも十分暑いし!!

そして、南側のスペース(物干し用)は
日当たりがよすぎてプールよりは
日焼けサロンにぴったりかも…。



この夏、よく遊んだなー

玄関からすぐのところにプール、
その前に車をとめています。
前面道路からあまり見えないし
子どもたちも道路にいきづらい配置なので
結構イイ感じです。

またひとつ、旗竿地のよさを発見。

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY : 外構

建物引き渡し

2010.11.07 *Sun
11月6日

本日とうとう建物の引き渡しです。

なんかしみじみ…ゆっくりする時間もなく
とりあえず午前中のうちに実家へ子ども達をお届け(笑)

子ども達を託して、急いで新居へ!
今日はなんとか昼ご飯を食べる時間がありました。
(いつもなんだかんだとゆっくり食べられない夫婦…)

引っ越し蕎麦…というわけではありませんが(まだ引っ越さないし)
新居近くの人気(と思われる)おそば屋さんで
おいしくおそばをいただき、新居へ。

先週の内覧会と変わったところと言えば
和室の畳と襖が正しくなったくらいでしょうか。

で、例のごとく写真を取り忘れています(笑)
そのうち…。

一通り確認をし、
工務店側から、内覧会で指摘した点の手直し報告や
残工事についての説明。
あと、契約からの仕様変更に伴う返金(照明が一部変更になり減額になりました)
設備機器の説明書一式(これがすごい量!)を受け取ったり、
鍵の説明。
建物の保証や定期点検についての説明。

これを済ませて、あとは前の記事で紹介したロフト階段の打ち合わせ。

で、終わりかと思いきや…

工務店の人が…
「これまでの家作りをまとめたDVDを上映しますので…」

そうなんです、そんな演出が用意されておりました。
いや、寝室になにやらプロジェクターが用意されてたんですよ。
最近の工務店ってサービスがいいんですね。
20年ほど前、実家を立て替えたときにはそんなことなかったはずですが。

で、いきものがかり(だと思う)をBGMに
これまでの家作りの様子をおさめた写真が次々と画面に…。
しみじみ見ていたのですが、
途中でなんと子ども達の写真まで!
現場に連れて行っていたときに写真を撮っていてくれたんです。

見え見えの演出…のはずなんですけど、
素直に感動しちゃいました。
やっぱり親ばかです、普段はドスの効いたママですが、子ども達には弱い。

そして…
これまでずーーーっと厳しい施主であったであろう夫も子ども達にノックアウトです。

工務店の方が順番にあいさつしてくれたあとに
夫の番になったのですが、声を詰まらせながらのあいさつになりました。
(これには工務店の人も意外だったらしい。だってほんと厳しい施主だったし…)

工務店の人にも、ついでに私にも(笑)
いつも打ち合わせのたびにきびしーーーい言葉がたくさんの夫ではありましたが
家族のためにちゃんとした家を建てたい一心だったんだなあと
改めて感じました。
きっと工務店の方にも伝わったのではないかと。

仕事に忙しい中だったけど、
本当に色々調べてくれたり、一緒に悩んでくれたり、
休日ごとの打ち合わせも頑張ってくれたり、
そして高額の住宅ローンを1人で背負い込んでくれた夫に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、最初から最後まで、無理難題にも応えてくれた工務店のみなさんや
現場で頑張って頂いた多くの職人の皆さんにも感謝です。
注文住宅ということもあるし、造作や、左官工事も多くて、
本当に職人さんの手によって作ってもらった家という感じがします。

あとは、どうやって住まうか。
住み手の力量にかかってきますよね。

頑張らなければ!!!!!

色々な思いの詰まったマイホームに
これからたくさんの思い出が詰まっていくといいなと思います。

そんなこんなな引き渡しでした。



CATEGORY : 奮闘記 | THEME : 家作り日記 | GENRE : ライフ

土壇場でロフト階段を作り直し…

2010.11.02 *Tue
前回の続きです★

内覧会の時に初めて見たものの一つがロフト階段。

これまでは階段横の格子はみていたものの、階段は取り付け前。
どんな階段になるかさえ、ちょっと忘れかけておりました…。

で、内覧会の時に見たのがこれ↓

1030ロフト階段

まあ、普通のはしごっぽい感じの階段です。
ロフト用ということで傾斜が急ですが。
形状としては左右に桁?があって、その間に踏み板があるもの。
パッと見たところ何も違和感がありませんでした…。

1030ロフト上から

ちなみにロフトから見るとこんな感じ。
急だけど仕方ないな…という感じではあります。

が!!!!!

登れるものの、降りるのがめっちゃ怖い階段なんです。

怖い理由
1:踏み面がめっちゃ狭い…
  →踏み板自体は狭くないが、踏み板の間隔を標準の階段と一緒にしているために
   上下の踏み板の重なる部分が多く、降りるときに足を置けるスペースが狭い。

2:一番上の段の踏み板の奥行きだけが狭くなっている
  →おそらく階段スペースと踏み板の間隔を決めてから、下から付けていったと思うのですが、
   そのせいで、一番上の踏み板の奥行きを狭くしないと入らなくなったよう。
   他の踏み板の半分ほどの奥行きしかない!


説明がうまくできないのですが…
とにかく、♪行きはよいよい~帰りは怖い♪…という階段なのです。

設計側の優先順位はおそらく…
1:踏み板を付ける高さの間隔(通常の階段くらいの蹴上げ)
2:階段を付けるスペース
だったのかと。
そのため、足を置くスペースがめっちゃ狭い階段に仕上がってしまいました。

内覧会のときは、仕方がないのかな…と思って
そのままとなった訳なのですが、家に帰ってもっと重要なことに気づいたのです。

なんと…

設計の打ち合わせの時と、階段の形状が違う!!!

なんということでしょう!!!(ビフォーアフター風)

あまりに違和感なく馴染んでいたのか、
はたまた、私たちが内覧会ということでうかれてしまっていたのか…

気づかなかったんです。
本当に気付かなかったんです><

かれこれ半年以上前の話なんですが、
ロフト階段の形状について打ち合わせをして、
その際に設計士さんがこんな感じの図を描いてくれたんですよーーー。

階段サンプル

ちょっとわかりにくいと思いますが、
要は桁?の上に踏み板が乗っかっている感じとでも言いましょうか。
そして、階段横の壁から、逆サイドの格子まで、踏み板をのばす感じにしてほしかったのです。

えーーーん、本当になぜ内覧会の現場で気付かなかったのでしょうか…。

で、描いてもらった図を探したものの、わが家では見つからず。
でも夫婦そろって、その図を見たことも覚えていたので、
帰宅後、工務店にロフト階段の件を含め、他にも打ち合わせ時と違う内容がないか
確認してもらうこと、
またロフト階段については手直ししてもらいたいことを伝えました。

(実は玄関収納やライティングレールの色が、
 設計側で変更していて私たちへの連絡が無かったことがあったのです)

どうなるかドキドキしていたのですが、
無事にロフト階段を作り直してもらえることになりました。
(ちなみにロフト階段の図は設計士さんが打ち合わせ時にもっていた図面に描かれていたようで
 実物を後日持参して謝ってくれました)


ただ、引き渡し時にはロフト階段は間に合わず、
引っ越しまでに取り付けを完了してもらうということになりました。

後日、再度ロフト階段の仕様について打ち合わせをして、以下のように改善することに。

★階段の形状は、内側に桁を寄せ、その上に踏み板が乗っている感じ
★踏み板は壁から格子まで出来るだけ伸ばす
★階段の段数を2段減らし(蹴上げが高くなる)、踏み幅が広くなるようにする
★踏み板がすべて同じ大きさで収まるように調整してもらう


ちょっと一段一段の間隔が広くはなりますが
それよりも、しっかりと足が置けることが重要だと思って、こうしてもらうことにしました。

これで一安心です。

家作り…
最後の最後まで何が起こるか分かりません><


まだまだいろんな記録をのこさなければ…
よかったら励ましのポチを↓
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
にほんブログ村
CATEGORY : 工事中の様子 | THEME : 家作り日記 | GENRE : ライフ

施主内覧会

2010.11.01 *Mon
10月30日

大体節目の時には雨天が多い私たち夫婦。

結婚式も新婚旅行も…そして地鎮祭も(笑)
例に漏れず、内覧会も台風接近です!!!
(でもなんとか雨が降り終わってから…という感じになりました)

今日はとうとう内覧会です。
つわりで苦しんでいたこともあり、結局2週間近く現地には行けず…。
どうなっているかドキドキです。

1030正面

工事中に取り付けられていたフェンスなどが取り除かれ
全面道路からわが家が丸見えです(笑)

1030正面2

それでは中へ…

1030ロフト階段

どうも写真をあまり撮ってなかったのか
いきなり2階です…(なんでだろう…)

LDKへの扉を開けるとこんな感じです。
手前にロフトへの階段があって、その向こうにキッチンが見えます(てか丸見え)。

このキッチン。
面材を自分たちで決めて、オーダーしたのですが、
メーカーさんによると「この面材で作ったのは初めてです!」とのこと。
どうやら今のところ、日本中に一つ、いや世界に一つらしい。
キッチン自体はタカラのオフェリアという割とオーソドックスなものだし、
さらに普通のI型キッチンなんですが。
なんとなく、一つしかないって嬉しいです。

そういえば、タカラといえばホーローキッチンっていうイメージですが、
うちのキッチン、天板もシンクもレンジフード本体もステンレスです(笑)
引き出しの中だけはホーロー。
あとレンジフードも整流板がホーロー。お手入れは楽そうです。

1030キッチン

ちなみにキッチン面材は
アイカメタル化粧版ME-2933(アルミヘアライン)です。
キッチンパネルもアイカのものです。
最初、キッチンパネルはタカラのステンレスパネルだったのですが、
吊り戸棚の下に追加で棚を付けたために、
パネルをはる際に継ぎ目が出ることになったんです。
で、タカラのパネルだと継ぎ目が目立つと言うことで、
アイカのものに変更になりました。

あとは…水栓を変更したくらいです。
とはいえ、グースネックタイプのものをタカラの商品の中から選んだくらい。
別に輸入物とかではないので、メーカーさんがちゃんと付けてくれてます。
選んだ水栓だと浄水器内蔵タイプではないので、
別に浄水器専用の水栓がついています。
でも別の方が便利なような気がするので、これでOKです。

あ、それとタモ材でオープン棚をつけてもらいました。
よくつかうキッチンツールや調味料はここに置くつもりです。
手元灯は通常だと吊り戸棚の下につけるんですが、
オープン棚の下につけてもらっています。

なんかキッチンネタになってきました…。
そのうち別でまとめようと思っています。

10302階ベランダ

先ほどのLDK入り口から南側を見るとリビングスペースです。
6畳ほどのスペースだけ吹き抜けになっています。
ダンナちゃんの要望で化粧梁、
私の要望で窓際のベンチを造作してもらいました。
手前に見える柱は、構造上必要なものです。

リビングの横にちょこっとだけベランダが。
植物を置くくらいのスペースしかないのですが、
イペ材でウッドデッキを作ってもらいました。
めっちゃ狭いのに贅沢な空間です(笑)。
ベランダの内側って白いイメージだったのですが、うちは黒。
これはこれで、植物のグリーンが映えそうかな…と期待しています。

10302階洗面

あと2階の洗面。
これもダンナちゃんの要望で、和風のシンクです。
シンクも水栓もカクダイのものです。
こういう和風のシンクには
もっとレトロな水栓をもってくる人が多いように思いますが
ダンナちゃんがシングルレバーじゃないと不便でイヤだいうことで
スッキリした水栓です。
それにあわせてタオルハンガーもスッキリしたものになりました。

カウンターはタモ材にオスモカラー&ウレタン塗装です。

…と詳しい写真や説明はここまで><
ほんと写真を取り忘れていたみたいです。
いろんなところのチェックをしたり、ビデオを回していたからかな…。

うちの内壁はすべて漆喰塗りです。
なので作業中や搬入の時にものが当たってキズや欠けがついていたり、
汚れがついてしまったり…。
あとは塗装のむらだとか。
色々細かいところのチェック…はすべてダンナちゃんがしてくれていました(笑)

あと、工務店側の発注ミスがいくつかあって、
和室の畳や襖が引き渡しまでに取り替えられることになりました。

そして…

大問題が発覚したのです…。

ちょっと長くなってきたので、続きは次の記事で。

狭小住宅故の問題!?
ロフトへの階段がとってもキケンだったのです…

↓よかったらぽちっとしてやってください★★

にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
にほんブログ村
CATEGORY : 工事中の様子 | THEME : 家作り日記 | GENRE : ライフ

保存登記をやってのけました

2010.10.29 *Fri
先日無事に完了した建物表示登記に引き続き、
保存登記も私がやってみました。

表示登記に比べたら、保存登記なんて楽チンです。
ちょっと移動距離がかさむくらいで…

では簡単に(てか簡単なんです、ほんと)

★事前準備
必要書類をそろえておきます。
・家屋の登記事項証明書
・建築確認済証
・委任状
  (うちの場合は夫が100%所有なので、私が手続きするとなると必要です)
・申請書
  (今回は法務局で事前にもらっておきました。ついでにほとんど下書きしてくれた。笑)
・住民票(表示登記のときのものを使い回し)

あとは当日、住宅用家屋証明書を市役所にもらいに行きました。
この住宅用家屋証明書を一緒に提出すると、
登記の際にかかる登録免許税が4/1000→1.5/1000になるので
ちょっと手間はかかりますが、絶対にもらいに行く価値ありです。
ちなみにこの証明書をもらうのに、1300円かかりました…。高い!

この住宅用家屋証明書をもらうためには
・住民票
・登記事項証明書
 (表題登記済証でもいい場合もあるようですが、
  西宮市はその場合表題登記の申請書がセットじゃないとだめみたいでした。
  で、私は申請書のコピーをとりわすれていたので、登記事項証明書を取得しました)
が必要です。
西宮市では申請書は市役所においてあるものに記入すればOKです。
ちなみに証明書をもらうためには住民票が新居の住所になっているか、
そうでない場合は、「必ず新居に引っ越してくる」ことを証明する必要があります。
現在の住居が賃貸物件なら、賃貸借契約書とか。
私はそれを知らずに手ぶらでいってしまったので…
必ず引っ越すことを申立書に書き、住民票を移動後に提出しに行くことになりました。

そんなこんなで。
前回の建物表示登記の完了書などを受け取ったその足で、
市役所に行って住宅用家屋証明書をもらって、
さらに法務局に戻って、書類一式を提出し、
無事に建物保存登記も完了したというわけです。

で、後日、建物保存登記が完了して、登記識別番号などを受け取り、
それを司法書士の先生にたくして、
抵当権設定をお願いしたというわけです。

なんだかんだ大変だったけど、
せっかくだから経験と節約も兼ねて、登記をやってみてよかったです。
多分、もうやる機会ないだろうし…。

そんなこんなでした。


CATEGORY : 本人登記 | THEME : 家作り日記 | GENRE : ライフ

プロフィール

kumaco*

Author:kumaco*
働き者のダンナちゃんと
やんちゃ3兄弟ソウ&リン&キョウと暮らしています。
2010年秋にマイホームが完成。
旗竿地、狭小、変形…という土地に
男気と味のある家を建てたつもり。

このブログは
マイホーム建築&インテリアのこと、3兄弟との生活のこと…
「ほっこり」な暮らしを目指して奮闘する
kumacoの記録です。



最新記事



カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (4)
*おうちができるまで (26)
奮闘記 (2)
土地探し (3)
工務店探し (2)
間取り (1)
設備 (1)
外構 (1)
工事中の様子 (10)
施主支給 (3)
本人登記 (3)
*WEB内覧会 (2)
*インテリア (11)
オーダー家具 (2)
ステキなSHOP (0)
手作り家具 (2)
季節のディスプレイ (4)
*収納 (6)
キッチン (6)
バス・サニタリー (0)
トイレ (0)
おもちゃ (0)
WIC (0)
*買ったもの (3)
100円ショップ (1)
*つくること (11)
つくったもの (6)
創作サロン (5)
*たべること (19)
おいしいもの (5)
おうちごはん (14)
*かぞくのこと (11)
ダンナちゃんとわたし (2)
こどもたち (9)
*徒然日記 (8)
こころがけ (1)
*ファッション (3)
マタニティ (2)
*ケイタイから更新♪ (1)
金封ふくさ専門店choco*t (1)



ドリマムメンバー*

*オリジナルハンドメイドアクセサリーmjs

*エコクラフト&布バック・雑貨のお店Fatto A Mano


*おむつケーキ通販ベベラメール




月別アーカイブ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © ほっこりのススメ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。